<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 正文

      「みにくいあひるの子」だった私64

      時間: 2019-09-23    進入日語論壇
      核心提示:あの彼「尻軽女(しりがるおんな)、赤(あか)っ恥(ぱじ)の箱入り娘」。それまでの數年間、私は疲れきっていた。精神的なダメ
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
      あの彼

      「尻軽女(しりがるおんな)、赤(あか)っ恥(ぱじ)の箱入り娘」……。
      それまでの數年間、私は疲れきっていた。精神的なダメージから、正常な判斷力もなくしていたと思う。それも、仕事以外のところで。
      それにしても、なんで、こんな言われ方、しなければいけないの?
      私が、あの彼と出會ったのは二十一歳のとき、テレビ番組で共演したのがきっかけだった。
      サーファーくんと疎遠(そえん)になったあと、ある忘年會の席で紹介されたJリーグの現役選手と、ときどき一緒に食事をしたりしていた。結局、交際するまではいかなかったけれど、例によって両親に紹介したところ、スポーツマン?タイプが好きな父も気に入ったようだし、私も彼が所屬するチームの試合にはせっせと通(かよ)った。
      ただ、私が入れ込むほどには、このJリーガーさんからの反応はいま一つ。向こうにしたら、単なる熱心な“おっかけ”の一人、その程度だったのかもしれない。
      Jリーガーさんは、ただ自分のことを話すばかりのタイプの人。私の話なんかにまったく興味(きようみ)を示さなかった。
      そんな一方通行の関係に不満が募(つの)りつつあったころ、彼に出會った。
      「へえー、それで、それで? ねえ、それから、どうしたの?」
      こちらの話に熱心に耳を傾(かたむ)けてくれる彼の態度が、なおさら誠実に感じられた。それまでのもやもやした気持ちも、いっぺんに晴れた。私は、どうしても自分にないものにひかれてしまうところがある。
      いま思うと、彼は私の人生で初めて私の話をとことん聞いてくれた人間だった。
      彼も日本人とアメリカ人のハーフだったことも大きい。同じハーフでも、彼の生(お)い立(た)ちが私とはまるっきり違うことに大きな衝撃(しようげき)を受けた。境遇(きようぐう)の厳(きび)しさは、私なんかとは雲泥(うんでい)の差、比較の対象にもならない。
      私はなんて傲慢(ごうまん)な子どもだったのだろう。それにひきかえ、この人はなんてかわいそうなんだろう。
      正直言って、最初はそんな子どもっぽい同情心。
      借金とか、女性関係とか、彼はそのころからいろいろ言われていたけれど、そんなたいへんな過去の話を聞けば、それも許(ゆる)せるというか、納得(なつとく)がいくというか、そういう負(ふ)の部分まで含(ふく)めて好きになってしまった。
      私が補(おぎな)って、正してやるんだ、軌道修正(きどうしゆうせい)してやるのが私の使命なんだなんて、身のほど知らずの母性まではたらかせてしまったりして。
      私は父に対する反抗心が強く、父とはまったく違うタイプの男性にひかれたのも事実。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5