<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

      「みにくいあひるの子」だった私68

      時間: 2019-09-23    進入日語論壇
      核心提示:寫真集ここで一つ話しておきたいのは、彼と二人の寫真集のこと。世間では、借金返済のためのものと思われているけど、あれはまっ
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
       寫真集

      ここで一つ話しておきたいのは、彼と二人の寫真集のこと。
      世間では、借金返済のためのものと思われているけど、あれはまったく別もの。私一人で考えて、純粋(じゆんすい)にメモリアルとしてやったものだった。
      どうせやるなら、超一流のカメラマンに撮(と)ってもらいたいとも考えていた。
      「やる必要がない。だれもやってないよ、そんなこと」
      事務所の人は全員反対していた。
      「だからやるんですよ」
      事務所の力は借りられない。私は一〇四の番號案內で篠山紀信(しのやまきしん)事務所の電話番號を調べて、一人でアポをとって、篠山さんに會いにいった。
      幸(さいわ)い、篠山さんは、若いころにモデルをしていた母を撮ったこともあり、話はとんとん拍子(びようし)に進んだ。
      「アンナって、お母さんにそっくりだねえ」
      昔(むかし)の母の寫真まで見せてもらった。
      それから日をあらためて、彼を篠山さんの事務所に連れていった。
      「篠山さん、この本、売れますかねえ。いくらくらい儲(もう)かりますかねえ」
      この彼の言葉には、さすがに溫厚な篠山さんも怒(おこ)ってしまった。
      「きみねえ、そういう考えだったら、ぼくはやらないよ」
      まずい、このままじゃ、私の夢がこわれちゃう。私は平謝(ひらあやま)りに謝った。
      「すみません、彼はそういう意味で言ったんじゃないんです」
      なんとか考えなおしてもらい、メキシコのカボサンルーカスというロケ場所からなにから、全部篠山さんにセッティングしてもらった。
      もっとも、最初はヌードになるつもりはさらさらなかった。父に寫真集のことを話したら、
      「アンナ、篠山紀信っていうのはなあ、裸(はだか)にさせるのがうまいんだぞ」
      「パパ、なるわけないじゃん、アンナが」
      ただ、すごくいい寫真を撮ってもらったし、作品としては、とても気に入っている。寫真集ができあがるまでの過程も、私の中のいい思い出になっている。
      この寫真集は、私にとって、お金の問題ではない。だから、どのくらい売れたのかも知らされなかったけど、そんなことは、私には関係のないことだった。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5