<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

      「みにくいあひるの子」だった私69

      時間: 2019-09-23    進入日語論壇
      核心提示:「もっといい服を著てちょうだい」努力をしていれば、いつか報(むく)われるよくそんなふうに言われるけど、いくら頑張(がんば
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
      「もっといい服を著てちょうだい」

      努力をしていれば、いつか報(むく)われる……よくそんなふうに言われるけど、いくら頑張(がんば)っても、どんなに努力をしても、どうしようもないことだってある。
      世の中は自分たちのためだけにあるものではないから、身のほどを知らなければ、押しつぶされてしまう。
      お金の問題が、まさにそれだった。
      彼も必死だった。それは私にもよくわかった。でも、一度狂(くる)った歯車は、いったん止めて、もとに戻(もど)してからでないとだめ。そのまま突っ走っても、溝(みぞ)はどんどん深まるばかり。借金を返すために借金をしているような狀態では、とても先行きは見通せない。それは、いまだからわかることだけど。
      そういうものを抜きにして、私たちの愛ってなんなのだろうか、と考えると、意外なことに、なにも浮かんでこない。彼の金策(きんさく)に協力するのも一つの愛の形かもしれない。でも、そういうことを抜きにしたら、なにも殘らないのでは……。
      私は彼といるときには、服でも持ち物でも、いいものを身につけることができなかった。というより、すごく汚(きたな)い格好(かつこう)をしていた。私もファッションを売り物にしている以上、人前ではあまりみすぼらしい格好もできない。だから、シャネルやエルメスなどを買うことは買うけれど、それを彼の目の屆(とど)くところには置けなかった。
      「そんなお金があるくらいなら……」
      すぐにそういう話になってしまうから。
      私にとっては、それは営業服。自分への投資のようなもの。でも、「おれがこんなに苦労しているときに」という彼の気持ちも理解できる。
      彼との同棲中(どうせいちゆう)も、両親とはちょくちょく會っていて、一緒に食事をしていた。そんなとき、母からよく言われた。
      「あなた、モデルなんだから、もっといい服を著てちょうだい。お願いだから、買ってちょうだい。苦しいなら、お金をあげるから」
      買えないんじゃない。買ってはいるんだけど、それを著たくても著られない現実があった……。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5