<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

      「みにくいあひるの子」だった私71

      時間: 2019-09-23    進入日語論壇
      核心提示:沖縄の店彼の沖縄の店のオープン當日の夜、私はわんわん泣いた。「おめでとうございます」「ありがとうございます」ワイドショー
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
       沖縄の店

      彼の沖縄の店のオープン當日の夜、私はわんわん泣いた。
      「おめでとうございます」
      「ありがとうございます」
      ワイドショーのリポーターや蕓能週刊誌の記者たちでごった返し、華(はな)やいだ雰囲気(ふんいき)の中、私だけがやりきれない思いを抱(かか)えていた。
      店はお晝の十二時オープン。でも、その日の朝九時の段階でも、解決できていない三千萬円の借金問題があった。この問題を処理できなければ、店をオープンすることができない。見かけだけはそろっていたけど、內情は火の車だった。
      このときは、私の両親も沖縄に來ていて、最終的に先方が出してきた條件は、
      「アンナさんと梅宮辰夫(うめみやたつお)さんのサインがあれば、すぐに送金します」
      私は、お金が払えなくて、店をオープンさせられないなら、それはそれでしょうがないだろうと思っていた。彼のほうも、私や私の父にこれ以上迷惑(めいわく)はかけられないから、「それなら、今日のオープンはあきらめる」と言ってくれるだろうと。
      ところが、彼が父に向かって言ったのは、
      「テレビや雑誌を呼んでしまった手前、オープンできないのは困る。すみません、梅宮さん、サインしてください」
      私に対しては、いつもと同じように、「おまえはおれのことが好きじゃないのか。好きだったらサインするだろう。おれだったらそうする」という態度。
      結局、父と私は書類にサインをした。
      その夜、ふつうなら、店がオープンしてどんちゃん騒ぎといくところだろうけど、私はホテルの部屋でわんわん泣いていた。父も涙を流していた。私のせいで家族みんなを苦しめてしまった。それは、いまでも本當に申(もう)し訳(わけ)なく思っている。
      最近、地方へ仕事に行った帰りの飛行機の中で、たまたまスポーツ新聞を見る機會があった。私の目に飛び込んできたのは彼の記事。
      「借金は億を切りました。返済は順調です」
      「!?」
      私のところには、本來は彼のところへ屆(とど)くはずの請求書などが、いまだに舞(ま)い込んでくる。そして、私はいまでも毎月百萬円の借金を返済している。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5