<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

      「みにくいあひるの子」だった私76

      時間: 2019-09-23    進入日語論壇
      核心提示:弱 音彼との五年間は、いまから思うと、まるで自分が自分でないような空虛(くうきよ)な気持ちしか殘っていない。五年間の最後
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
       弱 音

      彼との五年間は、いまから思うと、まるで自分が自分でないような……空虛(くうきよ)な気持ちしか殘っていない。五年間の最後のほうには、自分の身體(からだ)に針を刺(さ)してもなにも感じないような、すべての感覚が麻痺(まひ)したような狀態になっていた。
      ただ、彼から直接的に得たものがないわけではない。
      それは、仕事に関して、彼の口から「疲れた」という言葉を聞いた記憶(きおく)が一度もないこと。私自身が蕓能関係の仕事もするようになって、つくづくすごいなと思ったのは、彼は仕事上のことで絶対に弱音(よわね)を吐(は)かない。
      こんな仕事、もういやんなっちゃった……なんて、平気で口にしていた自分が恥(は)ずかしい。
      前の晩、どんなに遅く寢ようと、あるいは、どんなにきつい仕事が続こうと、次の日に早朝から仕事があれば、自分でさっと起きて、グチの一つも言わずに飛び出していく。終日ロケが続いても、絶対に文句(もんく)を言わない。不平もこぼさない。仕事に対する貪欲(どんよく)さはすごかった。
      それで、ふと思い當たることがあった。
      雑誌モデルの仕事は季節が逆、逆になっていて、夏物の服の撮影(さつえい)が真冬だったりすることがしょっちゅうある。體力的にもハードで、著ては脫ぎ、脫いでは著て、一日に八十著もの服を著たこともある。まだ二十歳(は た ち)くらいのときのことだったけど、朝九時からスタートして、終わったのは夜中の三時。
      でも、全體を通してみると、そういうつらい思いをして、それこそ泣きながらやったような仕事ほど、いい仕上がりになっているし、內容が濃(こ)い。簡単に終わった仕事は、仕上がりも軽く、薄(うす)い。
      仕事に取り組む姿勢は、必ず結果になってあらわれてくるものだということがよくわかった。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5