<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁
      當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日語文章閱讀 » 正文

      「液體のり」、白血病治療の救世主に?

      時間: 2019-05-31    進入日語論壇
      核心提示:白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
       白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液體のりの成分で培養できたという。白血病などの畫期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている。
       
       白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、0?5リットルで數萬円するような培養液でも増やすことが難しい。このため、白血病の治療はドナーの骨髄や臍帯血(さいたいけつ)の移植に頼る場面が多かった。
       
       東京大の山崎聡特任準教授らは、培養液の成分などをしらみつぶしに検討。その一つであるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を數百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。
       
       PVAは洗濯のりや液體のりの主成分。山崎さんは実際、コンビニの液體のりでも培養できることを確認した。共著者で理化學研究所で細胞バンクを手がける中村幸夫室長は「結果を疑うほど驚いた。研究者はみんな目からウロコではないか」と話した。
       
       大量培養できれば、臍帯血移植に使う造血幹細胞の不足が解消できたり、骨髄移植のためのドナーの負擔を軽くできたりする可能性がある。別の幹細胞も培養できそうだといい、山崎さんは「再生醫療や基礎研究に大きく貢獻できるかも知れない」と話す。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (0)
      0%
      踩一下
      (0)
      0%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5