<video id="wlbsw"></video>
    <video id="wlbsw"><input id="wlbsw"></input></video>

  1. <source id="wlbsw"><noframes id="wlbsw"></noframes></source>
      <mark id="wlbsw"></mark>

      <video id="wlbsw"></video>

      返回首頁

      日本概況-大和繪

      時間: 2013-10-29    進入日語論壇
      核心提示:大和繪 倭絵、やまと絵とも書く。平安時代には中國的な主題を描いた唐絵{からえ}に対して、日本の風景や風俗を描いた絵を大和絵
      (單詞翻譯:雙擊或拖選)
      大和繪

      倭絵、やまと絵とも書く。平安時代には中國的な主題を描いた唐絵{からえ}に対して、日本の風景や風俗を描いた絵を大和絵とよんだ。とくに月ごとや季ごとの風物を主題とした月次絵{つきなみえ}や四季絵、あるいは日本各地の名所を主題とした名所絵の描かれた屏風{びようぶ}や障子絵の呼稱として用いられた。文獻上の初例は10世紀末であるが、9世紀後半にはすでに制作されていたと考えられ、以後平安時代を通じて和歌文學と密接な関係をもちながら発展した。しかし、鎌倉時代後期に宋元{そうげん}絵畫の舶載が盛んになると、これらの輸入された中國畫やさらにその畫風に倣って日本において制作された新様式の絵畫を唐絵とよぶようになり、これに対して大和絵は平安時代以來の伝統的な様式の絵畫の総稱として用いられるようになる。したがって大和絵は、題材のみならずその畫風においても唐絵と區別されたといえる。ついで15世紀に土佐派が興隆して宮廷の畫所預{えどころあずかり}の地位を世襲するようになると、大和絵は土佐派の畫風として流派的な意味をもつようになった。このような傾向は、16世紀に漢畫の流派である狩野{かのう}派が隆盛を誇るに及んで、いっそう助長され、江戸時代には土佐派と住吉派が大和絵を家蕓として標榜{ひようぼう}した。また琳{りん}派や浮世絵も大和絵の伝統のうえに開花したことが指摘できる。江戸末期には復古大和絵派もおこった。このように大和絵の語義は時代によって異なるが、現在では広く日本的な絵畫をさすことが多い。
      輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
      頂一下
      (4)
      50%
      踩一下
      (4)
      50%

      ------分隔線---------- ------------------
      [查看全部]  相關評論
      新久草视频免费5